Yokoze Creativity ClassYokoze Creativity Class

横瀬クリエイティビティー・クラスについて

埼玉県秩父郡横瀬町を舞台に、都内のクリエイターと中学生を中心とした町民が主体的に関わる場を設け、社会全体で教育への参加を実現するプログラムです。プログラムの柱は、町の課題を解決へと導くクリエイティブソンと、中学生向けクリエイティブ勉強会。町民のクリエイティブへの理解を深めると共に、参加者の所属を越境した関係性づくりのスキームを国内外へ発信し、地方創生のグッドプラクティスとして確立していきます。

Our Goal

「クリエイターが横瀬町の抱える課題の当事者である町民とダイレクトに対話し、”共創”の文化をつくること」「クリエイターが地域に主体的に関わり、新たな価値を生み出すチャレンジをすること」「所属の垣根を超えた社会全体による持続的な教育への参画とクリエイティブへの理解促進を実現すること」の3つ。これらを現実のものにすることで、社会構造における固定観念を壊していきます。

Schedule

2017年4月22日、キックオフイベントとして全員参加のクリエイティブソンが開催されました。7〜10月で、クリエイティブソンで生まれたアイデアのアウトプットを制作しつつ、クリエイターたちが横瀬中学校にて各々の分野に関するキャリア授業を実施。11月の成果発表でグランドフィナーレを迎えます。

4月クリエイティブソン(4月22-23)
5-9月クリエイティブに関する各種授業 / アウトプット制作
9月作品完成
10月リリース / プロモーション / アワード出展
11月成果発表

Message

富田町長からの
メッセージ

クリエイターの熱意と町のやりたいこと、そして教育現場がやるべきことの3つが奇跡的に合致して誕生した『横瀬クリエイティビティークラス』。日本の地方創生シーンには、まだ真のグッドプラクティスと呼べるものはありません。だからこそ、成功させればきっと日本に新たな地方創生の潮流を生むきっかけとなるはず。私たちができることは全てやりきります。この挑戦によって、横瀬町が地方創生のモデルタウンになる日を願って。

_